アナトミートレイン解剖クラスへようこそ!

2016年、2017年、2018年と3年間連続して、アリゾナ州フェニックスで開催させていただいたアナトミートレインのトム・マイヤーズが主催する日本語サポート付きの筋膜解剖研修クラス。2019年は、コロラド州ボルダーという、ボディワークや運動に関わる皆さんにとってワクワク感満載の素晴らしいエリアで、さらにスペースを拡大したトッド・ガルシアの解剖学専門教育施設Laboratories of Anatomical Enlightenmentでの開催となります。

ラボのロケーションが新たになるだけではなく、来年度のクラスから、朝のレクチャーでカバーする内容と解剖クラスの流れにより関連性が生まれるように、つまり、よりアナトミートレインの解剖クラスらしいフォーカスと進行になるように、リードインストラクターであるトムとトッドの間でも話し合いが進められています。過去のクラスに参加された経験のある皆さんにとっても、さらに新たな発見をしていただけるように、クラスは常に進化をし続けます。

解剖学を学ぶ手段として、近年では書籍のみではなく様々な解剖アプリも登場し、より立体的な身体構造への理解を得ることも可能になってきました。しかし、どれだけ進化した立体的なアプリであっても、実際の身体構造の密接な連続性や、質感、可動性や制限、個体差などを学ぶことができる解剖実習には及ばないもの。

ホルマリン処理をされていない冷凍献体を、ユタ大学ドナープログラムからご提供いただいて、アナトミートレインの著者であるトム・マイヤーズが解剖学者のトッド・ガルシアとパートナーを組み、ローリ・ネメッズとホリー・クレメンツという2名の大学教授のアシスタントを迎え、4名の日本語通訳サポートを伴って開催される、唯一無二の解剖クラスです。

ホルマリン保存されていないご献体では、関節可動域の確認や、結合組織の状態、身体組織の連続性、組織の質感など、より現実に近い状況で学ばせていただくことが可能です。

解剖学専門教育施設の主催として20年間近い指導歴を有するトッド・ガルシアの、他に追随を許さない精確で確実な解剖学の理解とスキル。

解剖ラボの中では実際に見ることのできない、ミクロのレベルからマクロのレベルまで、胎生学から空間医療まで、幅広い知見をシェアするトム・マイヤーズの指導。

大学で教鞭を執り、トム・マイヤーズのスクールであるATSIの指導者でもあるローリ・ネメッズとホリー・クレメンツのサポート。

アメリカで理学療法士として活躍中の諸谷万衣子さん、アメリカでATSIのプラクティショナーとして活躍中のモール加奈さん、ATCであり、自身の世界各地での様々な学びを日本の皆さんにシェアする近藤拓人さん、そしてキネティコス代表である谷佳織が通訳サポートを提供。

上記のチーム体制の充実のみでなく、幅広いジャンルからの参加者の皆さん同士での学びを通して、身体構造と機能に関わる専門家の方々の信頼に基づいたコミュニティーの基盤構築を実現することができる、素晴らしい学びの場であることに疑いの余地はありません。是非ご参加ください。

チーム

トム・マイヤーズ

トム・マイヤーズ

講師

トッド・ガルシア

トッド・ガルシア

講師

谷 佳織

谷 佳織

通訳

ホリー・クレメンツ

ホリー・クレメンツ

講師補助

ローリー・ネメッズ

ローリー・ネメッズ

講師補助

諸谷 万衣子

諸谷 万衣子

通訳

モール・加奈

モール・加奈

通訳

近藤 拓人

近藤 拓人

通訳

トラビス・ジョンソン

トラビス・ジョンソン

コーディネーター

参加者の声

Hironao Kato

Hironao Kato
Hisako Takesue

Hisako Takesue
Shiho Fujikura

Shiho Fujikura
Keisuke Okubo

Keisuke Okubo
Taiki Hasaka

Taiki Hasaka
Kaori Sakaguchi

Kaori Sakaguchi
Atsushi Yamamoto

Atsushi Yamamoto
Hiroko Hayashi

Hiroko Hayashi
Takuto Kondo

Takuto Kondo
Yukiko Asami

Yukiko Asami

開催詳細

クラス1:2019年4月8日-12日(月-金)5日間

クラス2:2019年4月15日-19日(月-金)5日間

毎日9:00~18:00(朝のレクチャー時間及び昼食休憩含む)

Laboratories of Anatomical Enlightenment

5401 Western Ave, Boulder, Colorado 80301

アメリカ合衆国、コロラド州 ボルダー ウェスタンアベニュー5401

ラボラトリー オブ アナトミカル エンライトメント

定員:各クラス52名

2019年のコースの参加費は、

  • キネティコス非会員&新規参加:USD$2,800
  • キネティコス会員&新規参加:USD$2,650
  • キネティコス非会員&リピート:USD$2,650
  • キネティコス会員&リピート:USD$2,500
  1. コース受講料は、5日間の解剖クラスの授業料です。この料金には、アメリカまでの渡航費、宿泊費、その他の料金は含まれておりません。
  2. 2019年の通常の英語開催クラスの解剖研修クラス参加費(言語サポートなし/その他のサポート一切なし)は、$2,600です。
  3. 日本人対象クラスでは、上記の参加金額で、通訳報酬、通訳渡航費&滞在費などの追加経費をカバーさせていただきます。
  4. 固定費用の莫大さのために、キャンセルによる返金はさせていただけませんが、他の方に参加権を譲渡することはできます。
  5. 参加費は、申し込み金(USD$500)を差し引いた参加費の残りの金額を3回に分けてお支払いいただくことになります。
  6. 筋膜解剖実習クラスの主催は、トム・マイヤーズの会社Kinesisです。キネティコスは、日本から参加される皆さんのためのお手伝いを提供させていただいております。
  • 2018年度のクラスまでは、朝のミーティングがホテルのミーティングルームで開催されること、及び徒歩での移動が安全ではないエリアであったことから、クラスに参加される皆さんに同じホテルに宿泊をしていただく必要がありました。2019年度のボルダーのラボでのクラスは、朝のミーティングをラボ所在地で開催すること、歩行者が安心して移動できる安全なエリアであることから、クラス参加者の皆さんが必ずしも同じホテルに宿泊をしなくても良い、という自由さを提供させていただくことが可能になりました。日本からアメリカまでのフライトの手配、デンバー空港からボルダーまでの移動手段の手配、ボルダーでの宿泊先の手配、宿泊先からラボまでの日々の移動など、すべてをご自身で責任を持って手配していただける参加者の方は、上記の参加費のみで、クラスにご参加をいただけます。
  • 前回のクラスまで、フライト手配のお手伝い、送迎バスの料金(1日あたりUSD$1,000弱)、ホテル宿泊などのお手続きの代行など、全ての追加業務のコストを、弊社キネティコスで負担をさせていただいておりましたが、これら追加の補助を無償でご提供し続けることが、少し難しくなってまいりました。旅行に関わるサポートを必要とされる皆さんには、フライト手配のお手伝い、ホテル予約(ホテル指定をさせていただきます)、空港からホテルまでの送迎、ホテルからラボまでの日々の送迎などの追加サポートを、別料金JPY¥15,000にて承らせていただきます。
    • フライト手配は、旅行代理店HISを通した団体手配となります。
    • ホテルは、昨年できたばかりのヒルトンガーデンインを、一人部屋、二人部屋ともに一泊USD$159(税抜)程度で確保予定。
    • デンバー空港〜ホテル間の送迎シャトル手配及び料金、及びホテルからラボまでの送迎バスまたはシャトル手配及び料金含む。
    • オプション追加サポート (JPY¥15,000) は、上記全ての代行、及び手配に関わる料金をカバーするパッケージとなっております。一部適用のオプションはございませんのでご理解ご了承ください。

お申し込み

全クラス定員数に達しました!

ここです!

Laboratories of Anatomical Enlightenment
5401 Western Ave, Boulder, Colorado 80301